お知らせ

能登半島地震に係る職員派遣の出発式について

令和6年2月15日(木)に福岡県庁において、能登半島地震に係る 福岡県から石川県穴水町への職員派遣の出発式が行われました。派遣職員は県市町村合同チーム15名(県5名、市7名、町村3名))で、現地では、約2週間住宅被害認定調査等の業務にあたります。その後交代で引き続き4月上旬まで職員派遣を予定しています。

一覧に戻る